稼ぐアフィリエイトサイトを作るための【6つのステップ】

サイトアフィリエイトで報酬をまだ上げたことがない方や、サイトをつくったものの数千円程度しか稼げなかった場合、

  • どうやったら稼ぐサイトを作ることができるのか?
  • どんなサイトが稼ぐサイトなのだろうか・・・

疑問に思いますよね・・・。ここでは、そんな方のために稼ぐアフィリエイトサイトをどうやれば作ることができるのかについてお話しさせて頂きます。

 

稼ぐアフィリエイトサイトを作るまでの6つのステップ

稼ぐサイトを作るには下記の6つのステップを順番に進む必要があります。

  • 1、売れる商品を選ぶ
  • 2、その商品が売れるキーワードを選んでサイトを作る
  • 3、選んだキーワードの内容にマッチしたサイトを作る
  • 4、実際に記事を書く
  • 5、SEOをかける
  • 6、サイト完成後に修正や強化を行う

 

初めのうちはこのステップを守ってください。また、上記のステップについてそれぞれ順番に解説していきます。

 

ステップ1:売れる商品を選ぶ

俺がこのまだ売れていない商品を売ってやる~~~!と意気込んだことがある方もいるかもしれませんが、それはやめておいたほうが良いです。売れない商品を売れるようにするのはあくまでも広告主の仕事であって僕らがいくら魅力を伝えても売れません。

売れない理由には、

  • 購入までにステップが多すぎて途中で離脱してしまう
  • LPがあまりにも悪く購入する気にならない
  • マイナーすぎて買う人が少ない
  • 承認率が悪く売れても売れて発生が確定にならない

などの理由があり、僕らアフィリエイターではどうしようもないのです。売れないものは売れない。じゃあやっぱり、売れるものを売りましょうというのが正しい答えになります。

逆に売れる案件とは、

  • 購入までの記入数などが少なく離脱が少ない
  • 購入方法が豊富にある
  • LPの作りが良い(パッと見た感じでおk)
  • 検索ボリュームが多く知名度の高い商品(インフォマーシャル・雑誌・テレビなどのメディア露出)
  • 承認率が高くCVRやEPCが高い

などがあげられます。ある程度報酬が出るとASPの担当者がついて売れる案件を徹底的に教えてくれたり、はじめから特別単価スタートで取り組めることも普通にあります。

今はまだ稼いでいない人でも、ある程度ボリュームのある売れるキーワードで検索上位に自分のサイトを持ってくることでメールが来たりして担当になってくれることが多いです。頑張ってそこまで到達できるようになってください。

とはいったものの、そのままではあまりにも酷なので、「サイトアフィリエイトで稼げるジャンルまとめ」で売れるジャンルを公開しているので参考にしてみてください。

 

ステップ2:その商品が売れるキーワードを選んでサイトを作る

選んだ商品が「ウォーターサーバー」なのに、「浄水器おすすめランキング」でサイトを作ってもなかなかウォーターサーバーを売ることは難しいですよね。

ステップ1で選んだ商品が売れるであろうキーワードで上位表示目指してアクセスを呼び込み、商品購入まで至るようにする必要があります。

で、売れるキーワードを決める際に重要なことは

  • その商品の購買が見込めるキーワードを選ぶ
  • ある程度検索ボリュームがあるキーワードを選定する
  • 購買意欲の高いキーワードで記事を書いていく

以上の3つはまず基本的なこととして、キーワードを選んでみてください。サイトアフィリの中でも特に初心者と上級者で差が出るのがキーワード選定力でもあったりします。当サイトでもキーワード選定についてたくさんの記事を書いているのでぜひ参考にしてみてください。

>>キーワード選定の記事一覧を見てみる

 

ステップ3:選んだキーワードの内容にマッチしたサイトを作る

例えば、ウォーターサーバーの中でも売れる「フレシャス」という広告主を選んだとします。そして、ステップ2の基本通り、フレシャスが売れそうなキーワードを選びました。フレシャスはおしゃれなサーバーが多いので、「ウォーターサーバー おしゃれ」というキーワードを選んでみました。

さて、キーワード選定がおわると次は選んだキーワードをもとにサイトを作成していきます。選んだキーワードでサイトを構成していくわけですが、当然選んだキーワードにマッチしたサイトにする必要があります。

「味噌ラーメン+人気」でキーワードを選定したのに、塩ラーメンで人気の店を紹介するサイトだとマッチしていないですよね。そういったサイトは味噌ラーメンで検索したユーザーにも読まれませんし、「当然味噌ラーメン+人気」で検索上位に持ってくることもできません。

これらは言われてみれば当然のことなのですが、いざ自分の知らないジャンルでサイトを作るときに初心者さんがやりがちなミスなのです。そういったマッチ率を高めるためにはある程度リサーチが必要になってきます。

例の続きでいうと、おしゃれなウォーターサーバーについてまず調べたうえでサイトを作成する必要があるということです。また、アフィリエイトサイトの種類には主に「商標サイト(商品名で作るサイト)」「一般ワードサイト(商品名以外の複合ワード)」「ビックキーワードサイト(検索ボリュームがかなり多い1語のワードで上位を目指すサイト)」「ペラサイト(トップページのみサイト)」の4種類があります。

それぞれサイトの作成方法が違いますが、基本は同じになります。マッチ率を高めることただそれだけです。そうはいっても、実際にまだ作成したことがない方は「アフィリエイトサイト作成編」のカテゴリーを用意しているのでそちらで参考にしてみてください。ジャンル別のサイト作成方法も載せています。

>>アフィリエイトサイト作成編の記事一覧を見てみる

 

ステップ4:実際に記事を書く

商品を選び⇒キーワード選定を行い⇒サイト作成のためにリサーチも行いある程度方向性を決めた

さてこれからは、いよいよ実際に記事を書いていきます。アフィリエイトサイトでいう記事とは、トップページと個別ページの大きくは2種類しかありません。トップページでも個別ページでも大事なことは同じで、決めたキーワードからタイトルを決定し、タイトルの内容にしっかり沿うように記事を書くことです。ライティングではこれが一番重要です。

「ウォーターサーバー おしゃれ」でキーワード選定を行い、記事タイトルを「おしゃれなウォーターサーバー10選!!」にしたとします。そうしたら、記事の中でしっかりおしゃれなウォーターサーバーを10個紹介してあげます。

9個で終わっていたらそれはダメで、9個しかかけなかったらタイトルを10選⇒9選に変更するようにしましょう。また、記事が書けないんですという質問もよく聞くのですが、書けないのは知識がないだけです。「男と女の4つの違い」だと大体の方は頭の中で考えて記事をかけると思います。前提知識がありますからね。

でも、知らないことを文字で伝えてさらには商品を売ろうとするなんて絶対不可能です。売る商品について知らないのに訪問販売でこれいいですよ!と伝えても、じゃあなにが良いの?って聞かれても答えれませんよね。

サイトでもしっかり根拠を伝えることが購入への第一歩で、しっかり売る商品についてリサーチして初めて記事作成のスタートラインに立つことができます。僕が行っていておすすめのリサーチ方法は、

  1. ヤフー知恵袋で狙うキーワードをそのまま打ち込んで調べる
  2. 関連する書籍を5冊くらい買って読む
  3. ネット上で検索する

この3つをメインにリサーチしています。また、記事作成というのは初心者さんがかなり悩まれる個所なので当サイトでもライティング初級~中級、WEBライティングの基本~応用など、ライティングについて数多くご紹介していますので、記事作成が苦手な方は参考にしてみてください。

>>ライティング・記事の書き方の記事一覧を見てみる

 

ステップ5:SEOをかける

記事を一通り書き終えてサイトをアップロードしたら、終わりではありません。アクセスを呼び込むためには一定のキーワードで上位表示する必要があります。狙ったキーワードで上位表示しなくても、個別で書いた記事が何らかのキーワードで上位表示することでもアクセスは来ます。

が、サイト作りたてだとアクセスが来ないことが多く、特にアフィリエイトサイトだと自然リンクが付きにくいのでドメインパワーもなかなか強くなりません。何を言っているかわからない方のために捕捉で説明すると、新規でサイト作成した場合、初めのうちは検索結果の上位に自分のサイトが来ないという意味です。

グーグルは古いサイトの方を基本的には優遇する傾向にありますが、新しいサイトでもしっかりとした訪問者に役立つ記事などを発信していると徐々に評価されていきます。その、評価されるまでに新規サイトだと時間がかかってしまうのです。

そこで、サイト作成後は評価を意図的に上げることができます。それが自作自演のSEOです。被リンクを自分で送る方法です。これは世間一般ではブラックハットSEOと言われており、グーグルも推奨していない方法ですが、アフィリエイトサイトで最短で稼ぐ方法であることは間違いない方法です。

なぜグーグルが推奨していないのにそのようなことをするのか?疑問に思う方も多いと思うのですが、一言でいえば「グーグルのスキを突いて稼ぐことができるから」という説明に留めておきます。

このような外部リンクを獲得することを外部SEOと言いますが、その他にも内部SEOというものがあります。SEOの説明はこの2つが多いですね。で、内部SEOは自分のサイト内で最適化することを言います。

例えば、

  • 狙っているキーワードがタイトル内にしっかり盛り込まれているか?
  • H1・H2・H3タグなどが正しく使われているか
  • 内部リンクをしっかり送れているか
  • ユーザービリティーのあるサイトになっているかどうか

など、内部SEOはサイト内でミスがないかどうかチェックしていく作業とも言えるかもしれません。このようなサイトの最適化を行うことを主に言います。SEOについは内部と外部の両方でしっかり対策を行っていくことで、徐々にアクセスが集まり稼ぐサイトになっていきます。

>>SEOについてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

ステップ6:サイト作成後に修正や強化を行う

サイト作成後、1記事づつ誤字脱字や文章の論理がしっかり通っているかなどをチェックします。また、サイト全体を見渡してみて、しっかりと訪問者の役立つ記事になっているかどうかや見やすさ、レイアウト、デザインなどチェックしていきます。

修正すべき点があれば、修正していきましょう。また、実際にアクセスが来ている場合、どのようなキーワードでアクセスがあるのかをアクセス解析でチェックして、自分の書いた記事とユーザーとのずれがないかどうかチェックしてまた修正しましょう。

アクセス解析の検索キーワード結果から、ユーザーの思いと書いた記事にギャップがあればその溝を埋めるための記事を新しく書くのも良いでしょう。このサイト作成後の修正や強化は、初心者さんの場合は最初は行わずにどんどんサイトを作っていくほうが良いでしょう。

ステップ6の内容は月10万円以上の方だけ参考にしてみてください。少し難しいと感じた方はこのステップ6は行わなくて大丈夫です。

参考:アフィリエイトサイト作成後にやるべき3つのこと

 

稼ぐアフィリエイトサイトを作るには場数とライバルサイトの研究あるのみ!

これまでご紹介したステップ1~6をしっかり行うことで稼ぐサイトは作ることができるのですが、初めからすぐ稼ぐサイトを作ることは中々難しいです。たくさんサイトを作って、場数を踏むことがとても大切です。そのためには作業作業作業です。ひたすらアフィリエイトをやってください。

また、何も考えずにただ手を動かすだけでなく、思考も一緒に養ってください。初めのうちに作ったサイトで失敗したサイトが出ると思うのですが、なぜ失敗したのか?も考えるようにしてみてください。逆もしかりで、1万円稼ぐサイトが出てきたら、なぜ1万円稼げたのか?を追求してみてください。

そういった、失敗と成功の経験値をもとにさらなるレベルアップができるのです。僕も、最初10サイトくらいは全然だめで、アフィリ初めて半年後には結果的に合計50サイト作り、そのうち20万以上稼ぐサイトが1つだけで、その他は、数万円程度稼げたサイトが3つくらいで、後の45サイトは失敗です。そんなものですが、半年で30万ほど稼げるようになったことを考えるとたくさん失敗してよかったなと思っています。今では打率が4割を超えることも多いです。

また、最初は参考になるデザインのきれいなサイトやライバルサイト、狙うキーワードで上位表示しているサイトをひたすら研究してください。特に、今現在上位に上位に表示しているということは、結果的に一応の答えなので、現段階では現役稼ぐサイトなわけです。

そんな答えに近いようなサイトを参考にすることで、そういったサイトの良いところなどを参考にして自分のサイトの糧としてみてください。

むねっちサイトアフィリ道場メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です