物販アフィリエイトのキーワード選定~人の多い梅田で気づいたこと~

お疲れ様です。むねっちです。

今日はアフィリエイトで重要なキーワード選定についてお話しようと思います。

キーワード選定と梅田

私は大阪に住んでいるのですが、新しい妊活のサイトを作成するために、梅田にある大阪で最も大きいジュンク堂に自転車で行きました。

ジュンク堂(本屋)へは結構行くので慣れていて、平日の人が比較的少ない15時位にいつも行くことが多かったです。

が、今日は19時位に行きました。この時間はやはり人が多く、いつもの道だと自転車が中々進みません。あ~これって、競合のあるキーワードで自分のサイトが戦っているのと同じだな~って感じました。

「少し遠回りだけれど人が少ない道」=「競合が少ないキーワードを」選ぶと、最短ルートだけど人が多い道に比べて実は早く進めた=検索上位に挙がって早く収益を上げることができる。

つまり、労力に見合ったキーワード選定が重要だなと思ったのです。

いくら稼げる競合の多いキーワードでサイトを作成しても検索上位に上がらなければ収益は発生しません。

一方、競合の少ないキーワードで作成することで、比較的容易に検索上位に持ってこれるので、収益も上がるのが早いです。

また、グーグルの最近の傾向として、検索ボリュームの多いキーワード・アフィリサイトが多いキーワードでは、グーグルのペナルティーに引っ掛かりやすいくなっています。手動ペナルティーってやつですね。

でも、検索ボリュームが少ないキーワードだと手動ペナルティーは少ないです。これって当たり前で、母体が多い場所からグーグルがペナルティーを入れる方が効率が良いからです。

人が多い道を自転車で通ると、人にぶつかりやすい=googleにペナルティーをもらう可能性が高くなり、一方人が少ないところでは人とぶつかる可能性も少ないということです。

競合の少ないキーワード=売れない?

検索ボリュームが少ないとアクセスが少ないので売れないのでは?と考える方も多いと思います。

でも、検索ボリュームが多くても少なくても、売れるキーワードとそうでないキーワードが存在します。

売れるキーワードはズバリ、

  1. 悩みが深いキーワード
  2. ネットで買う商品の関連ワード
  3. 購買意欲の高いキーワード

この3つ。

競合が少ないキーワードで売れるキーワードは例えば、

お悩み系:「育毛剤」「バストアップ」「ダイエット関連」などの関連キーワード
ネットで買う商品:「ラブコスメ」「精力剤」「多きサイズの服」などの関連キーワード
購買意欲の高いキーワード:「○○+購入」「○○+通販」「○○+相場」

こういったキーワードを選ぶことアフィリエイト収益を比較的早く上がります。最近売れている「中村式リスタートアフィリエイト」では競合を避けて売れるキーワードでサイトを作成するという方法が具体的に掛かれています。気になる方は参考にしてみて下さい。

ここまで読んで頂きありがとうございました!

むねっちサイトアフィリ道場メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です