中村貞文 | アフィリエイト年3000万稼ぐ人の検索キーワード発想法レビュー

最近出版された、中村貞文さんのアフィリエイト最新本の「アフィリエイト年3000万稼ぐ人の検索キーワード発想法」を購入して読んでみました!

今回は、A8netブラック会員の私の感想とこの本を有効に生かす方法を混ぜながらご紹介しようと思います♪

 

中村貞文さんのアフィリエイト最新本を読んでみて

まず、この本はアフィリエイトの本ですが、その中でも「キーワード選定」に特化した本です。前作の「アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則」でもキーワード選定を中心に紹介されていましたが、前回は法則がメインでした。

今回は「発想法」ということで、要は考え方の部分、つまり、どうやってライバルが少なくて売れるキーワードを探すのか?キーワード選定の本質的な部分を解説している書籍です。

書籍の中でも「この本(発想法)では検索ユーザーの気持ちをつかむのが苦手な人向けに書いている」とあるように、どうやってキーワード選定すれば良いのか?という部分にフォーカスしている本です。

書籍の中では、「知る人ぞ知る検索キーワード」でサイトを作ることが推奨されています。これは、クライアント側(売りて側)ではなく、悩んでいるユーザー目線に立ってキーワードを探せ!と説明されています。

そうすることで、悩みの深いキーワードを探すことが出来、ニッチでライバルの少ないキーワードでかつ売れるサイトを作ることができます。

第一章56ページの「実践を通して少しずつ学んでいく方が良い」というのは私も非常に共感を持ちました。

というのも、アフィリエイトは「キーワード選定」「デザイン力」「文章力」「サイト作成力」「ツールを使いこなす」など、総合的に色々やらないといけないことが多いのです。

「アフィリエイト年3000万稼ぐ人の検索キーワード発想法」では、その中でも初心者の方はまず「キーワード選定を身に着けるべき」と書かれています。

私も初心者の方にアドバイスするなら、「キーワード選定」を中心に勉強すべきだと思います。というのも、そもそも「売れないキーワード」や「ライバルが多く上位表示しない」と、いくらデザインが綺麗で、巧みな文章を書いても、誰の目にも触れず、その結果全く報酬が発生しません。

一方、キーワード選定さえしっかりできていれば、無料ブログで作成したサイトでも「上位表示」され、報酬が発生する可能性があります。文章も紹介する商品に対してしっかりリサーチすることで、下手な文章でも普通に売れます。

アフィリエイト初心者さんは、まずは「キーワード選定」を学び、経験を積み重ねる途中で他のスキルも向上させることが、アフィリエイトで効率的に稼ぐ一歩だと言えます。

ちなみに、文章を書くコツは「その検索キーワード」はどういった意図や悩みがあって調べているのか?をヤフー知恵袋などで調べて、文章に反映させていくことです。

また、「自分の悩み」や「実際に使ったことのある商品や類似品」をアフィリエイトすると文章も書きやすいですし、的を得やすいです。※どうしてもやり方がわからない方はお問い合わせフォームから質問どしどしお待ちしています^^

私はいつも検索ユーザーの気持ちを考えて、感情で文章を書いています。そうすることでサイト訪問者の気持ちに少しでも近づけると個人的には思っているからです。私は音楽を聴きながら文章を一気に仕上げていきます。

さて、実際にどうやって悩みの深くてライバルの少ない売れるキーワードを探すのかというのは、書籍の中でも76ページの「仮説を立てる」という部分に大きなヒントがあると思います。

要は、特定の検索ユーザーを仮説で立てて、その人に向けたキーワードを探したり、文章を書いていくということです。

書籍の中で私が特に重要だなと思ったこと

「アフィリエイト年3000万稼ぐ人の検索キーワード発想法」の中でも76ページの

  • 自分が紹介する商品は誰のために開発されているのか?
  • 自分が紹介する商品に興味を持ちそうな人はどんなことで困っているか?
  • 自分が紹介する商品に興味を持ちそうな人はどんな情報に興味があるのか?

どれも、「キーワード選定」をする際に欠かせない重要なことばかりです。上記の3つを意識することで日常生活だけでもキーワードが見つかったりしますよ♪

また、「123ページの自分が詳しくないジャンルは徹底的にリサーチする」という部分、私もいつも意識していることだったし、言われてみれば当然なのに意外と実践していない方が多いのではないかなと思います。

めんどくさいことから逃げていると、いつまでたってもアフィリエイトでは稼ぐことが難しいです。そもそも、アフィリエイトでサイトを作ることはとても泥臭い作業が多いです。

この書籍を読んだだけでは稼げない!

「アフィリエイト年3000万稼ぐ人の検索キーワード発想法」はキーワード選定を学ぶには良い本だと思います。下手な情報商材を買うよりはこっちの方が安い上、情報もまとまっています。

ただし、この本を読んだだけでは初心者さんが稼ぐには難しいと感じました。というもの、穴場キーワードを見つけるには、それなりの特訓が必要だからです。これは150ページでも記載されていますね。

ではどうすれば良いのか?ですが、まずは発想力を養う必要があります。そのためには、日常からアンテナを張る必要があります。

あなたがもし、ウォーターサーバーのサイトを作るとします。「ウォーターサーバー+ランキング」「ウォーターサーバー+効果」といったありふれたキーワードだとライバルも多く、先輩アフィリエイターが占領しています。私がasp担当者さんから聞いた話でなのですが、夏場だと「ウォーターサーバー+ランキング」で上位表示できると、軽く50万以上軽く稼げるらしいです。

ということはライバルも多いのは目に見えています。また、夏場だけ中古ドメインを使って上位表示を狙ってくるライバルも非常に多いです。今年も、ウォーターサーバー市場では、被リンク合戦を一部の方が繰り広げていました(笑)

では、ウォーターサーバーの案件を売るにはどうすれば良いのか?ですが、まずウォーターサーバーを必要としている人をリサーチします。

すると、「一人暮らし」「赤ちゃんのミルク作りに欲しいママさん」「会社のオフィス用」など。そこで、

  • ウォーターサーバー+一人暮らし
  • ウォーターサーバー+赤ちゃん
  • ウォーターサーバー+業務用

といったキーワードが思いつきます。

でも、上記の「ウォーターサーバー+○○」というキーワードでもライバルが結構多いです。なのでもうひとひねりが必要です。

そこで、上記の中で「赤ちゃんのミルク作りに欲しいママさん」に着眼してみます。すると、赤ちゃんのミルクを作るのに必要な水は水道水では放射能やトリハロメタンなどが含有していて、危険。かといって、いちいちお湯を沸かすのはめんどくさい。そこで、すぐにお湯がでてかつ安全な水が出るウォーターサーバーを紹介する。

このようにリサーチしていきキーワードを探します。上記の場合だと、「赤ちゃん ミルク 水」とか「赤ちゃん 水道水 危険」といったキーワードでサイトを作成することができます。

ここまでお読み頂きありがとうございました!質問等が御座いましたらいつでもご連絡ください^^コメントでもおkです↓↓↓

むねっちサイトアフィリ道場メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です